スタジオ Remember


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供の行事として昔からあるのが七五三ですが、神社にお参りに行くだけではなく、渋谷の撮影スタジオで記念に写真を撮っておくといいでしょう。まだあどけない可愛い表情を写真に残しておけば、大きくなった時にもかわいかった姿を見る事が出来ます。 七五三の撮影を渋谷の撮影スタジオで行う場合、いつ撮影をするのがいいでしょうか。神社にお参りに行く日と同じ日に撮影をする人もいますが、出来れば同日は避けたほうがいいでしょう。 家族みんなが揃う日が他にないというのであれば仕方ありませんが、子供にとってはハードスケジュールになってしまいます。朝から神社にお参りに行き、昼からは撮影となれば大きな負担になるのは間違いないからです。7歳くらいになっていればお昼寝なしでも撮影を頑張れますが、3歳の時の撮影となれば、渋谷の撮影スタジオに行った頃には眠気が襲ってくる事になります。 眠ってしまった子供を無理やり起こしても機嫌が悪いだけですので、出来れば機嫌がいい時に撮影をした方がいいでしょう。 機嫌がいい時に撮影をしたいのであれば、七五三当日ではなく前撮りとして事前に撮影をしておくのが望ましくなります。前撮りの撮影時期としては、9月か10月くらいを想像しますが、この時期は予約が埋まっている可能性が高いでしょう。 実際にお参りに行く少し前に撮影をしたいと考える人は多いですので、どうしてもその時期は予約が埋まりやすくなるので、希望の日時が取りにくくなります。 理想的な時期としては、夏前に撮るようにしておけば予約が取りやすいですし、日焼けを気にする必要もないのでいいでしょう。日焼けをした時よりも、真っ白に透き通るような子どもの綺麗な肌状態の方が着物がよく似あいます。 七五三の撮影があるからと言って、夏に海やプールに行かれないのもかわいそうですので、日焼けを気にしなくてもいい夏前に前撮りをすませるようにしておけば、夏を満喫できるでしょう。
Tagged on: ,スタジオ Remember