ONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を行う場合は、自分たちの晴れの姿を撮ってほしいと考えます。しかしカメラマンを探さなくてはならないと感じると少し面倒になってしまいます。結婚式の準備は非常に時間がかかってしまいますし、大変なのでカメラマンの部分にまで頭が回らないカップルも多くいます。自分たちで探さなくてはならないと考えている人がたくさんいますが、他の作業で時間をとられてしまい見つけられないなどの場合は式場のカメラマンに依頼をしましょう。結婚式場にはカメラマンがスタンバイしています。その人に依頼をすると、わざわざ自分たちで探す必要がなくなりますし、すぐに話が進むので面倒だと感じにくくなります。技術が高い人に撮影をしてもらいたいと考える人もいますが、結婚式場にいるカメラマンもこれまでかなり多くのカップルを撮影してきているので、とても高い技術を持っていると言えるでしょう。どうしても技術の部分が不安な人は、依頼をする際に今まで何組程度の撮影を行ってきたのか質問してみましょう。長くいる人の場合は非常にたくさんの人たちを撮ってきたと伝えてくれますし、まだ採用されたばかりのカメラマンの場合は、少ない数しか伝えてくれません。1人ではなく何人かいるはずなので、十分に選べる環境にあると覚えておきましょう。また重要になってくるのは価格の部分になります。どんな場合でも依頼をするとお金が発生してしまいますが、結婚式場のカメラマンに依頼をすると比較的安い金額で撮影をしてくれます。あまりお金を準備できない人は迷わずに依頼をしましょう。今までどんな写真を撮影してきたのかなども見せてもらえるので、不安でなかなか依頼ができない人は、打ち合わせの際に写真をもって来てもらい自分の目で確認をしましょう。確認できれば安心して依頼できるのか2人で話し合って判断できます。非常に大切な部分なので適当に決めないようにしましょう。
Tagged on: ,ONELIFE