(株)藤建企画

調布市で不動産に関することなら藤建企画へ。駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て、不動産の相談に乗らせていただきます。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

社会の大きな事業の一つに不動産と言う事業があります。動かない産物と言われています。つまりはこれが建物と土地の事業と言う事になります。建物と言いますが建築された後の建物と言う事になります。そして土地の場合にはそのまま地面と言う事になります。そしてその建物と土地を巡っての売買、または賃貸、そして契約の事業全般を不動産業と言います。もし仮に誰かが先見の明があり、何処かの場所に工場を建築しようとします。ですがこの場合には勝手にその場所に建物を建築出来ないと言うのが不動産業の第一歩です。その理由が、その土地には必ず誰か所有者が存在すると言う事になる訳です。それを辿って行けば、その土地を使うとなればそれ相応の金額が必要になってくると言う事です。そしてその土地の価格はその時期のその土地を管理している管理下で決められている価格があります。その価格でその土地を使わせてもらうか買い入れするというのが不動産としてのスタイルであり、社会のルールでもある訳です。地方であれば、空き地を開拓して事業計画としての不動産スタイルが考えられます。当然ながらその土地は購入すると言うのが不動産のスタイルです。それとは逆に土地の有効利用と言うのが首都圏であれば賃貸と言う事になります。首都圏となれば、僅かな面積の土地だとしてもかなりの高額な金額が必要となります。そしてその土地に建築されている建物の賃貸で不動産は成り立っていると言う事になる訳です。もし立地も良く、人口密集地だと言う事にもなれば繁華街であれば必ずその物件は人気となり常に繁盛すると言う事になる訳です。また土地としても、今後の社会情勢そして経済情勢を睨みながら、場所から場所と言う風に移動時間を最短に改善出来ると言う計画であれば、山ならトンネル、そして河川であるならば橋と言う風に経済繁栄に通じる不動産の介入と言う事になる訳です。山や土地の開拓と言う意味でも不動産はお金を産むと言う事です。
Tagged on: ,(株)藤建企画