株式会社オデット

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供にバレエを習わせたいと考えている場合は、何歳から入会をさせるべきなのか悩んでしまう場合があります。この場合は、ある程度の年齢になるまで、入会させることを我慢する傾向がありますが、非常に小さな子供の場合でもバレエを習うことができるので、その部分はしっかりと覚えておくようにしましょう。何歳位から習い始めている人が多くいるのかと言いますと、4歳前後になります。4歳前後になれば楽しいのか、つまらないのかなどをしっかりと判断することができるようになってくるので、両親も子供の意見を聞いて決めることができます。自分の子供が4歳前後まで成長した場合は、バレエを始めてみる気はないかと確認をしてみると良いでしょう。4歳前後の子供の場合は、バレエと言われてもどんな物になるのか分からないケースが多く、判断をすることができない場合がほとんどになります。この場合は直接教室に足を運び見学をさせてもらうか、自宅で興味があるのかを調べるようにしましょう。どんな方法で興味があるのかを調べれば良いかと言いますと、DVDなどを見せる方法になります。DVDなどを見せて明らかに興味を持っているなどの場合は、通わせてみても良いかもしれません。どちらにしても必ず教室に足を運んで、見学をする必要がありますが、興味があるのかをしっかりと確認した上で、行動した方が時間を無駄にしないケースが多いと覚えておきましょう。小さいうちからチャレンジをしていると、中学生や高校生になった場合に、大きな舞台で活躍をすることができる可能性も出てきます。なるべく大きな舞台で活躍をしてほしいと考えている場合は、バレエを習わせってみると良いでしょう。バレエを習っていると、バレエの世界でしか活躍をすることができないのではと考えてしまいますが、体感なども非常に鍛えられるので、様々なスポーツのジャンルで活躍をすることができる可能性が高くなります。非常に大きなメリットなので覚えておきましょう。
Tagged on: ,株式会社オデット