株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

建築設計事務所、その名称通り、建築と設計のプロが活躍しています。常にニュートラルな視点を持っているのも、ここ最近設立された比較的新しい建築設計事務所の特色で、例えばの話し、住み替えをラクにする売れるマンションを見立てることも、希少性のある土地には、斬新なデザインを取り入れるなど、そのプランは完全オリジナルであることがポイントのようです。設立したばかりの建築設計事務所では、コンセプトやデザインが先行し、住みやすさを二の次と捉えているイメージも消費者側の意見にはあるようです。動線にしても、住む人が違えば、快適な住宅とは言えなくなります。最近では、設計中の建物を3次元的に体験できる設備の導入が進んでいます。映像をリアルタイムで切り替え、歩いて外観を見たり、室内に入って歩いてみたり、建物の確認が容易にできます。スケール感を体感できるのが最大の特徴で、段差が思ったより高いからスロープを検討したり、この場所の見え方を大事にしたいなど、プランニングを建築主目線で進めるなど、住みやすさが意識されています。他にも、建築設計事務所と同じ位置にいるのは、ハウスメーカーや工務店などでしょう。工事監理もきっちり行いますが、第3者の立場で公平に工事をチェックして欲しい、こうした相談にも応えてくれます。工事の手抜きや間違いが指摘できれば、建物の品質を保ち、いわゆる100年住み続けられる家が完成します。家の完成までには、職人や製造所を含め、注文住宅ならば300人規模の人員が携わっているようです。業者の間に立ち、代行して現場で起こる問題点を判断してくれます。新しく設立しているため、勢いが違うのも確かです。若手ならではの攻めの姿勢、実績が少ない分、ベテランの有資格者が籍を置き、それぞれに確たる実績もあります。ネットワークを駆使しているため、建材や素材、設備なども国内外から取り揃え、コスパの良さも魅力です。このように、総合化されたのが、最近設立された建築設計事務所のウリのようです。
Tagged on: ,株式会社北工房