自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。豆は、全て農園・農協・地域等の跡をたどることができる豆だけを使っています。


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

何事にも程度というのがありますので、どんなに健康により飲み物でも、食べ物であっても過剰摂取はしないで適量をいただくのが基本です。日本人にも愛する人はとても多いのはコーヒーですが、コーヒーを飲むと便秘になりがちな人もいます。全ての人ではないもののコーヒーで便秘を感じるケースは、コーヒーをたくさん飲み過ぎている傾向がありますし、そこにかかわるのは含まれるカフェインです。適量のカフェインは健康にも良い作用をもたらしますが、飲み過ぎてしまうと大腸の順調な働きを抑制します。活発な大腸の働きがあってことの順調な便通ですし、利尿作用もあることから必要な水分が、コーヒー大量摂取で出過ぎてしまうのも困りものです。どんな便秘の種類かどうかや、その人の体質にもかかわるので一概には言えませんが、適量のコーヒーは便通を解消させることになります。便秘とおさらばするための適量としては1日に飲むのは2杯くらいにしておくと、胃腸には程よく刺激を加えることができるので、胃腸の働きは活性化して便秘も解消です。コーヒーは一杯ごと少し時間をかけて丁寧に淹れるタイプもあれば、インスタントなどはカップにお湯を注いですぐに飲めるので、手軽に飲めるためたくさん飲んでしまうこともあります。健康のためにも良い味方を意識するのであれば、コーヒーは仕事の合間や家でも好きなだけ飲むのではなく、胃腸のことも考えて適量を飲むようにすることです。ストレス社会の中でのリフレッシュにも、心身のリラックスのためにも、コーヒーは幅広く大活躍をしてくれますが、飲み過ぎて便秘に悩みようでは元も子もありません。好きなだけ1日に何回もコーヒーを飲むようにすると、大量のカフェインを体内へ入れてしまうので、大腸の働きを傾かせて便秘になることがあるので要注意です。李朝作用があるのもコーヒーなので、過度の飲み過ぎはトイレに行きたくなって、体内に必要な水分まで出してしまい、便を固くするのでこれも便秘になりやすくなります。
Tagged on: ,自家焙煎珈琲やすらぎ